カテゴリー別アーカイブ: 恋愛

ノンケのちんこ

以前にイベントコンパニオンをやっている女の子と付き合っていました。僕が言うのも何ですが、人に見られる仕事なのでルックスは完ぺきで性格もかわいい。更にスケベでひと晩で3発は当たり前と、文句のつけようがない女性でした。唯一の難点は、彼女の仕事が忙しくて頻繁には会えなかったことくらいでしょうか。もっとも、別れた後から思えば、僕に会えないと言っておきながら、他の男と寝ていたのですよね。枕営業は言いすぎですが、体で人脈作って東京のモデル事務所に移籍することになって、僕とは別れることになったのですから。でも、恨み節はありますが、デートしている時は最高の女性でしたね。僕のちんこは彼女のマンコに鍛えられたようなものです。
さて、彼女と別れた後、僕はしばらく抜け殻のような日々を過ごしていました。新しいカノジョを作ろうとしても、ついつい彼女と比較してしまうのです。非の打ちどころがない女性でしたからどうしても他の女性では一枚落ちるんです。一度、ホテル並みの高級食パンを食べると、市販の食パンには戻れない理屈ですね。
ノンケのちんこ
そんな時にゲイの男性と一晩を共にしたのです。彼女のことをうじうじ思い出しながらバーで飲んだくれていると声をかけてくれた男性がいて・・・と言う流れです。「ノンケのちんこは大好物なのよ」と僕にフェラをしてくれました。男性とそう言う関係になるとは少し前までは夢にも思いませんでしたが、もう市販の食パンは食べられないのならば、代わりにご飯を食べればいい理屈です。僕にとって、その男性は白飯だったのです。こうして、僕はその男性に3発もイカされました。それは女性相手では味わえない快感でした。
男性と関係を持ったら、もう僕はノンケじゃないんじゃないか?と言うと「私もノンケよ」と彼は言いました。彼自身もノンケのちんこであり、今はたまたま興味の対象が男性にあるだけと言うことでした。
ご飯を食べ飽きたらまたパンに戻ればいいんじゃないかと思います。その時はきっと市販の食パンでも美味しく食べられることなのでしょう。僕はそう思いながら、彼のノンケのちんこを咥えました。
ゲイとの出会い
イケメンとの出会い

エロイプ

 29歳、某スーパーの店員をやっています。
エロイプからセフレになるなんて経験をしました。
とある出会い系の中で、エロイプ希望していたのが20歳の女子大生です。
より気軽に快楽を得られる、電話エッチは僕も楽しみのひとつだったりもします。
女子大生の優香の募集メッセージを見て、直ぐメール送ったところやりとりに成功。
Skype交換を済ませ、大人の通話に突入することになりました。

 優香はムラムラがとても激しかった様子で、エロイプスタート直後から感じまくり。
「やだ・・びしょ濡れになってる」
「膣がひくひく動き続けちゃってるんだよ」
自ら、エロい言葉を使いまくってくるのですから、こちらとしても助かりました。
「なんなら、テレビ電話で観てあげようか?」
「見られたら、おかしくなっちゃうんだよ」
「それは、凄く良いことだから、見せようか」
「はい・・」
最初のエロイプからこの調子なのですから、優香はかなりスケベなのがよく分りました。
マンコ図鑑

 テレビ電話で観た彼女のオッパイやオマンコが、あまりにもスケベすぎちゃって、自分自身も激しい興奮を覚えました。
さらに「大きなオチンチンが見たいです」と、お願いまでしてきちゃうのですから。
オナニーしているところを、優香に見せてやりました。
初回からボルテージを上げっ放しのオナニーに、心も体も燃え尽きた感じでした。

 優香と4回ほどエロイプを楽しんだ後、待ち合わせに応じてもらえたのです。
尻の軽い女の子って、本当に楽勝って感じです。
リアルで見た優香、なかなか魅力的に感じます。
若いムチムチボディが、艶かしく興奮をそそりまくってくれました。
直接相手の肉体に触れられるから、エロイプよりも断然興奮が強いのは当たり前です。
正直、我を忘れながら相手を責め続けてしまったという感じでした。
オマンコの締め付けも最高でした。
何度も繰り返し往復運動すると、彼女の声はますますヒートアップ。
実に良いセックスができました。
スカイプちゃんねる
女性のオナニー